土地建物を高値で売却する方法!相場よりも高く早く売れる?

スポンサーリンク

所有している土地建物を売却して、別の土地にマイホームを検討する人もいらっしゃるかと思います。

せっかく所有している土地を手放すのであれば、できるだけ高く売って利益を得たいですよね。

購入時よりも高く売りたい、相場よりも高く売りたい、安い土地を高く売れるようにしたい、など「高さ」の基準は人によって様々ですが、高く売るためのポイントはどのようなケースでも共通しています。

今回は、土地を少しでも高く売るためのポイントについてご紹介します。

土地売却に焦りは禁物

主婦
相場よりも高く売れるの??
ブル50
工夫次第では、相場よりも高値で売却も可能です。また、事前に準備しておくことで、不当に低い価格での売却が避けられます。

不当に低い価格で売却して後悔しないためにも、限られた時間の中でできる作業をひとつずつクリアしていきましょう。

土地は、よほどの好条件でなければ、納得のいく価格でスピード売却とは行きません。高く売るために土地に清掃などの手入れを加えたり、その土地の需要に応じた価格を慎重に設定したり、購入希望者との交渉に応じたりする時間も必要です。

中には、どうしてもその土地をすぐに手放して引越さなくてはならないといったケースも考えられますが、まずは焦らずに、売却の条件を冷静に仲介業者へ伝えることが大切です。

土地価格の査定は複数業者に依頼する

土地の査定価格は、査定を行った不動産業者によって異なりますので、できるだけ複数社に査定を依頼することが重要です。

また、査定価格を見比べるときは、金額の高い・安いだけでなく、提示された金額の根拠も必ず確認しておきましょう。

例えば、A社とB社を比較したとき、A社の方が高い査定価格を出したとします。しかし、A社は土地の重大な欠陥を見落としており、B社はその事実を元に正当な査定価格を出していたというケースもあり、このようなチェック漏れを防ぐためのダブルチェックの意味でも複数社への査定依頼は重要な意味を持っています。

重大な欠陥を見落としたまま売却してしまうと、後から大きな値下げを余儀なくされてしまいかねません。

たった60秒の簡単入力で売却価格が500万円の差が出ることがあります。

立地のデメリットを適正価格でカバー

土地の価格に影響する要素は、面積、方角、形、立地などがありますが、その中でも土地選びにおいて最も重視されるのは、利便性や交通アクセスなどの「立地条件」です。

とはいえ、土地を高く売るために立地条件を変えることはできず、相続で手に入れた土地となれば、なおのこと今ある条件のみで勝負しなければなりません。

立地のデメリットをカバーして、土地を高く売るための方法は、相場に即した価格設定に他なりません。相場には、周辺エリアの「実勢価格」の相場や、国が算出する「公示価格」の相場などがありますが、高く売ろうとする場合は、いずれの相場価格からも大きくかけ離れた金額では売れないと考えておきましょう。もちろん、相場価格を調べずに、下げすぎてしまってもいけません。

不利な立地条件を持つ土地でも、相場を踏まえた価格設定であれば、適正価格で売却することは可能です。

土地売却の諸費用も計算しておくこと


土地を売却する際は、思いがけない費用が発生します。「予想よりも高く土地が売れたけど、税金や手数料などの諸費用を差し引いたら赤字になった」ということにならないよう、諸費用の種類やタイミングも売却前に把握しておきましょう。

また、忘れてはならないのが、購入希望者からの価格交渉です。交渉の内容は、単純な値下げ交渉もあれば、条件つきで購入するといったものもあります。

価格交渉の例

  • 購入する代わりに、古いフェンスを売主負担ですべて撤去してほしい
  • 地盤調査をこちらで負担するので、その分値引きをしてほしい

これらの価格交渉が発生しても、購入を急いですぐに応じてはいけません。費用を誰が負担するのか、必ず購入する意思があるのか、などを、購入希望者に確認したうえで行動に移す冷静さが必要です。

まとめ

土地を高く売ることができるかどうかは、売却を開始する前の立ち回りにかかっていると言っても過言ではないでしょう。適切な査定価格を算出する信頼できる業者を探し、相場にもとづいた価格設定で、立地の条件をカバーしながら、慎重に売却額を決めていかなくてはなりません。

また、購入希望者からの価格交渉や、売買にかかる諸費用なども含めたうえで、最終的に手元に残るお金を計算しておく冷静さも、高く売るためには重要なポイントです。

土地建物を簡単に高値で売却したい人へ


土地建物の売却ってどうしたら良いの?

トラブルになったらどうしようとか、安く買い叩かれたらどうしようとか、色々と不安になりませんか?

心配しなくても大丈夫です。、簡単な手続きで、どこよりも高く、最速で売却することが誰にでも可能です。不動産を安全に高値、最速で売却する方法は、

  1. 不動産会社に仲介に入ってもらう。
  2. 査定競合させ適正価格~高値の値段を付けてもらう。
  3. 最も力のある(露出や営業力)がある不動産屋を厳選する。

この1~3のステップを踏めば誰でも簡単に高値で売却することができます。

また、ダメな不動産屋を選んでしまうと、安く買い叩かれたり、税金等の諸費用で正しい情報を教えてもらえずに損をしてしまうこともあります。

トラブルが全く無く、高値で素早く売却する最も簡単な方法はネットの一括査定を利用する方法です。

ネットの一括見積りを利用すれば、あなたは最低限の手続きを済ませ、後は完全ほったらかしで、相場よりも高値で売却できます。

数ある中から厳選した一括見積りサイトはこちらから

イエウールには、大手から地場不動産会社まで厳選された1200社が登録してあります。完全無料で簡単に60秒程度で1200社の中からあなたに適切な6社を選び査定してくれます。

●こちらもご参考下さい。

【保存版】売却前から引き渡しまで、土地建物を売るときの注意点まとめ

2017.05.01

土地建物売却の流れとは?業者選びから引き渡しまでを解説!

2017.05.26

査定を依頼する前に、簡単に土地建物の相場を知る方法は?

2017.05.13

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。