ローコスト住宅の耐用年数は短いのか?そんなことある?

スポンサーリンク

ローコスト住宅を建てるとすぐにボロになる!
ローコスト住宅は欠陥住宅だからやばいよ!

これ本当でしょうか?

主婦
えっ?ローコスト住宅は耐用年数が短いの??
ブル50
そんなことはありません。

なぜ耐用年数が短いと言われるのか合わせて解説します。

耐用年数が短いという嘘

日本の古くからの建築物を見ていただければご理解いただけますが、お寺や神社などの古い建物は何十年~100年前に建てられた建築物ですが立派に建っています。

30年前の家もリフォーム等の正しい手入れを行っている家はいまだ現役です。この事実から分かるように、正しい方法で建てられた家はそう簡単に崩れるものではありません。

現在の建物は、法律で定められた一定以上の強度が必要です。ローコスト住宅とはいえ、構造体や強度が必要な箇所を手抜きすることはありません。

ローコスト住宅=耐用年数が短いは大きな間違いです!

なぜ耐用年数が短いと言われるのか?

20年前頃に新築された住宅は、正直欠陥住宅の可能性も捨て切れません。

20年前、効率化を図る目的で、耐用年数の実績が無い、建材品や代替品等が次々と販売されました。また、当時は、法律やチェック体制が甘かったこと等から、今では考えられない手抜き工事が横行していた時期でもあります。

ローコスト住宅と同時に欠陥住宅も流行った時期なのです。

その当時の印象が根強く、ローコスト住宅=耐用年数が短いと誤解する人が多いようです。

全ての工務店が安全ではない

今では、欠陥住宅を建てる工務店は少なくなりました。

それでも、少なからず欠陥住宅を建てて利益を出している会社もあります。例えば、最近では秀光ビルドの欠陥住宅が話題になりました。

今でも、欠陥住宅を平気な顔して販売施工している会社もある!という事を頭にいれておきましょう。

ブル50
ようするに会社選びが一番重要ということです。

●こちらもご参考下さい。
ローコスト住宅ランキングをご紹介!あっ!こんな会社あったけ?

ローコスト住宅で内装・外装がおしゃれな家を建てる方法!

ローコスト住宅は地震に耐えられるのか?

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。