年収300万円でローコスト住宅を建てられるのか?

スポンサーリンク

2016年30代男性の平均年収は430万円前後です。30代~40代で家を新築しようと考えている人の中には年収300万円前後の人が多くいらっしゃいます。

年収300万円の人はいくらまでの家が建てられるのでしょうか?

借入額から考えてみる

借入額の一般的な上限は、年収の5倍~6倍と言われています。

年収300万円の場合、5倍で1500万円、6倍で1800万円です。

30年返済で1800万円借りられたとして、金利が0.876%~1.075%だったと過程した場合、

  • 0.876%→月々支払い56,875円 返済比率22.75%
  • 1.075%→月々支払い58,517円 返済比率23.41%

年収の6倍だと毎月の支払いはこのような感じになります。仮に、土地持ちの方であれば、十分な金額ですが、土地から購入の場合には、少し厳しいかもしれません。

土地購入の補足
坪単価30万円で30坪の家を建てた場合、総工費が、1280万円前後(建物本体価格+付帯工事+諸経費)

1800万円ー1280万円=520万円

520万円前後が土地代金の上限になります。足りない分は頭金が必要です。

1800万円のときの建物本体価格は?

1800万円借り入れした場合、1800万円全てを建物本体費用にするわけにはいきません。建物本体費用と別に、別途付帯工事費、諸経費が必要です。

→詳しくは、坪単価の内訳は?本体工事費に含まれるものとは?!

補足
本体費用→70%
付帯工事→15%
諸経費→15%

建物本体価格は、1800万円×70%=1260万円、付帯工事は1800万円×15%=270万円、諸経費は1800万円×15%=270万円というイメージです。

また、200万円~300万円の頭金がないと融資が下りない場合もあり、その頭金を諸経費にあてることが一般的です。その場合は、建物本体価格1530万円まで使える計算になります。

坪単価だと、建坪30坪の場合、1260万円で42万円、1530万円で51万円とそこそこの家が建てられることが分かります。ローコスト住宅は、坪単価30万円前後です。坪単価30万円×30坪で900万円ですから、年収300万円でも十分良い家が建てられるという結論になります。

ローコスト住宅を建てたいなら土地購入が重要ポイント!

●詳しくはこちらをご参考下さい。
坪単価の計算方法とは?定義が無い!闇を紐解く!

ローコスト住宅の相場とは?坪単価はいくらになる?

ローコスト住宅の失敗談や後悔した話し・・・!

ローコスト住宅を建てたければ住宅ローンを比較しよう!

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。