ローコスト住宅は地震に耐えられるのか?

スポンサーリンク

ローコスト住宅だと地震に耐えられないのか?

ローコスト住宅であっても、家族を守ってくれる家を建築しなければマイホームを新築する意味はありません。

現行法は耐震等級1と定められていますが、できれば耐震等級3を目指したいところです。
ローコスト住宅でも耐震等級3は可能だと考えます。

地震対策には、耐震、制震、免震の3種類があります。

主婦
値段が安くて、地震に強い家を建てたいわ♪♪
ブル50
大丈夫です。安心して下さい。

そんなに費用をかけなくても十分な地震対策が可能です。

耐震対策


耐震対策として、耐力面材を利用すると費用が安く済みます。

耐力面材は下記が有名です。

  • ㈱ノダ ハイベストウッド
  • ニチハ あんしん
  • ノボパン 耐力面材

比較的値段が安く施工性も高いので、それ程コストがかかるものではありません。

制振対策


株式会社ハウジングソリューションズのオイルダンパーや株式会社トキワシステムのダンパーExⅡ等があります。

建材メーカーからもオイルダンパーが販売されていて、費用もお手ごろな価格で手に入ります。

免震対策

3つの地震対策の中では、最も困難な対策が免震対策です。

そこで、おすすめなのが、「スーパージオ工法」というものです。
スーパージオ工法とは、地盤を軽量化することで、地震が起きたときにも建物を沈みにくくします。

坪単価30万円でも十分対策可能

上記の方法であれば、坪単価30万円台でも十分対策可能です。

ローコスト住宅でも、家族の成長を見守ってくれる家でなければいけません。家の設備や建材品のグレードを多少落したとしても地震対策が万全な家を建てましょう。

地震対策については、下記のページに詳しく書いています。合わせてご参考下さい。
耐震、免震、制震の違いは?耐震等級3?免震住宅?制震ダンパーの効果?一体何が良いのか?

●こちらもご参考下さい。
ローコスト住宅の耐用年数は短いのか?そんなことある?

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。