ローコスト住宅で高気密高断熱の家は建てられる?

スポンサーリンク

最近は、高気密高断熱の家が注目を集めています。

ローコスト住宅で高気密高断熱の家は建築できるのでしょうか?
そもそも高気密高断熱住宅にする必要あるのでしょうか?

主婦
お金を掛けずに高気密高断熱住宅を建てられますか?

高気密高断熱住宅はローコスト住宅でも可能か?

結論から言えば、ローコスト住宅でも高気密高断熱の家を建築可能です。

高気密高断熱住宅にした場合に悩むのは、24時間換気システムをどれにするか?です。

予算に余裕があれば、第1種換気方式で、さらに、熱交換タイプを選びたいところです。ですが、24時間強制的に空気を出し入れして、さらに温度調整をする機械を導入すると、それなりの金額になってしまいます。

ローコスト住宅の場合、コストを抑える為に、第3種換気方式(自然給気、自然排気)を一般的には選びます。

そもそも高気密は必要なのか?

そもそも高気密は必要?

ブル50
個人的には、高断熱は必須ですが、高気密は必要ないと思っています。

個人的な理想は、高断熱でそこそこ気密住宅がベストです。

主婦
え?高気密の家が良いのじゃないですか?

高気密高断熱の家の高気密とは、家を密封して必要最低限のエネルギー消費量(電気やガスの使用量)で快適な暮らしを目的としています。

密封するということは、魔法瓶のようなイメージです。温かい(冷たい)お茶やコーヒーを魔法瓶にいれると、いつまでも温かい(冷たい)と同じです。

飲み物を入れる水筒はそれで構いませんが、人が生活する家で魔法瓶では困ります。湿気が発生し結露やカビの原因になりますし、空気が汚れて身体にも良くありません。また、シックハウス症候群の原因にもなります。

その為、24時間換気システムで空気の入れ替えが必須になりますが、密封している状態の家にシステムを使って空気を入れるって馬鹿らしいと思いませんか?

高気密高断熱の家を建てた人は窓開けないの?

以上の理由から、高気密高断熱にする必要はないと考えています。理想は、高断熱そこそこ気密住宅です。

●こちらもご参考下さい。
ローコスト住宅の床材でおすすめの商品は?
1000万円で家が建つのか?一戸建てを出来るだけ安く建てるには?
危険なローコスト住宅とは?評判の良いメーカーとからくりについて

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。