工務店とハウスメーカーの違いと選び方!知らないと損する価格差とは?

スポンサーリンク

家を建てるときにまず考えるのは、どこに依頼するかということではないでしょうか。

「工務店=地元密着の中小企業」「ハウスメーカー=大手」といったイメージをお持ちの方も多いかもしれません。
しかし、本当に自分たちに合った依頼先を見つけるためには、具体的な違いを知った上で選ぶことが重要です。

ここでは、工務店とハウスメーカーの違いや選び方などを解説します。

  

工務店とハウスメーカーの違いとは?

工務店とは、職人の手配などを行い総合的な工事を行う業者のことです。

主に戸建住宅を請け負うことが多く、様々なタイプの工務店があります。

また、ハウスメーカーには現在明確な定義はありませんが、日本全国に展開している住宅メーカーを表すことが一般的となっています。

ただし、どちらも法律上の定義づけはありません。実際にはハウスメーカーのような工務店から、工務店に近いハウスメーカーまで、色々なパターンが存在します。そのため、ここでは一般的な違いについてお伝えします。

会社の規模の違い

一般的には「ハウスメーカー=全国展開の規模」「工務店=地元密着型」と分けることができます。
しかし、最近では「○○工務店」と名のつく、全国展開メーカーも出現していますので名前だけで分けることは難しくなっています。

質の統一性の違い

ハウスメーカーの場合、基本的にはマニュアルが存在します。
あらかじめ工法や部材、サイズを決めておくことで、一定の品質を保つことが可能です。

しかし工務店の場合、品質や工法、得意分野はそれぞれ異なります。

資本力の違い

一般的には工務店よりもハウスメーカーの方が資本力があります。

「家を建てた後、会社が倒産してしまいアフターケアーが受けられなかった」といった声があることからも、資本力を重要視する方も少なくありません。

しかし、現在の日本の経済状況から判断すると、大手メーカーだから安心と言い切れないのも事実です。

自由度の違い

ハウスメーカーの場合、一定の規格の範囲内で家を建てることで価格を抑えることができるメリットがあります。

ハウスメーカー、工務店共に自由設計は可能ですが、あれこれ注文をつけてしまうと、当初の価格より大幅に値上がりする可能性大です。

また工務店の場合は、基本的にマニュアルがありません。そのため、臨機応変な対応が可能で自由度が高いと言えます。

工務店とハウスメーカーの選び方とは?

工務店とハウスメーカー、それぞれ違いがありますが、選び方の基準となるのが「こだわり」「土地勘」「価格」の3つです。3つの内容について確認していきましょう。

こだわり

まず「こだわり」とは、家に対するこだわりです。

例えばハウスメーカーが個別に打ち出している外装や工法にこだわりたい場合は、必然的にハウスメーカーに依頼することになります。

逆に「家づくりに積極に参加したい」「家の細かな部分までこだわりたい」という場合は、工務店の方が融通が効く可能性が高いです。

土地勘

そして次は「土地勘」です。工務店は地元密着型であることが多く、地元の人はその評判や仕事の様子をよく知っているものです。
広告宣伝に力を入れず、口コミだけで成り立っている工務店も少なくありません。

そのため、他の地域から引っ越してきた方にとっては工務店の技術力を知る方法がなく、一定の品質が保たれているハウスメーカーの方が安心という考え方もあります。

価格

そして最後は「価格」です。ハウスメーカーが注文の場合、広告宣伝費や住宅展示場、人件費にお金がかかります。
また、ハウスメーカーが注文をとり、工務店に下請けを依頼しているため、仮に同じ家を建てるとすれば工務店と比べて価格が高くなります。

倒産リスクやアフターフォローの力の入れ具合、ブランドや工法としての魅力と、現実的な予算を考えた上で、選ぶことが大切です。

工務店とハウスメーカーではどれぐらい価格が違う?

工務店とハウスメーカーの価格差は、約20~30%と言われています。

3,000万円の家の場合、30%違えば2,100万円で建てることができますから、この差は大きいと言えます。

しかし、なぜこれほどまでに価格差がでるのでしょうか?

その中には
・広告宣伝費の価格差
・人員規模による価格差
・使用する材質による価格差

があります。

ハウスメーカーは、テレビCMやチラシ、住宅展示場などを使い宣伝に力を入れています。
また営業マンやモデルハウスのスタッフなどの人件費も発生します。

さらに、ハウスメーカー独自の工法や材質を使用する場合は、研究開発費も必要です。

ここまでは多くの方がイメージしやすい価格差ではないでしょうか。

しかし、工務店とハウスメーカーの価格差の理由はそれだけではありません。

一見わかりにくいのが、「アフターサービス」の価格差です。

ハウスメーカーにはアフターフォロー専門スタッフを確保しているところもあり、この分の人件費も加算されます。

工務店の場合は、基本的に地域密着のため職人自らがアフターフォローに向かうなど、小回りの効く状態ができています。
しかし、東日本大震災のような大規模災害が起きた場合、工務店も被災者になることを忘れてはいけません。

大災害が起きると顧客のアフターフォローに向かう余力がなくなったり、工務店自体が倒産の危機に陥ったりする可能性があります。

ハウスメーカーが全国にアフターサービスの部門を置き、その部分を価格に反映させているのは、万が一のための保険とも言えるのです。

まとめ

工務店とハウスメーカーの違いについてお分かりいただけたでしょうか。

家を建てるときに求める基準は、人それぞれ異なるものです。
そのため、違いと選び方を知った上で、自分に合った依頼先を選ぶことが大切です。

また提示価格だけに一喜一憂せず、価格差が発生している原因を考えることをおすすめします。

●こちらもご参考下さい。
追加料金が発生?注文住宅の見積りを比較する方法と注意点!

マイホーム新築をご検討中の方へ?

理想のマイホームを手に入れたいのに失敗してしまうのではないかと不安に思っていませんか?

認知度が高い、中堅~大手ハウスメーカーですら欠陥住宅等の問題がTVで取り上げられていて、何を信じて良いのか分からなくなりますよね。

出来るだけ多くの工務店からの見積りを比較し、厳選していけば必ず優良工務店を見つけることができます。

とはいえ、時間が無い中でプロ相手に優良かどうかを見抜くことは困難ですよね。
そんな方にお勧めしたいのは、完全無料で利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトです。

一括見積りサイトは第三者が間に入ることで優良業社しか登録できないところが利点です。ネットは評判が命ですから、変な会社は絶対に登録させません。

優良の業社の中から相見積りで競わせることで、あなたに最も適した優良工務店が必ず見つかります。

300万円以上の差が出た実績もあります。完全無料で使えて全国の優良業社600社が登録している。利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトは、タウンライフ家作りと言います。

タウンライフ家作りはこちらから

いまなら、毎月先着99名様に「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント中です。

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。