デメリット把握してる?注文住宅のビルトインガレージの価格とは?

スポンサーリンク

注文住宅を購入する際に、ビルトインガレージを検討する方も多いことでしょう。特に、バイクや車が好きで、ビルトインガレージに対する憧れがある方の中には「絶対にビルトインガレージを設置したい!」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ビルトインガレージは決して安価な買い物とは言えません。だからこそ事前にしっかり調べておくことが重要です。

ここでは注文住宅のビルトインガレージの価格とデメリット、そしてビルトインガレージとインナーガレージの違いについてご紹介します。

ビルトインガレージに関する情報を得て、ぜひ実際の家づくりに役立ててください。

  

注文住宅のビルトインガレージの価格とは?

愛車やバイクを雨風から守ることができるビルトインガレージには、憧れを抱く人も多いものです。DIYスペースとして使用したり、車がないときには子どもの遊び場として使うことができたりするなど、多くのメリットがあります。

それでは、価格面ではどうでしょうか?

注文住宅においてビルトインガレージを希望する場合、通常の坪単価よりも高くなることが一般的です。

その理由のひとつに、ビルトインガレージを施工した家は、通常の住宅に比べ、強度が弱くなることがあげられます。ビルトインガレージの真ん中に、補強の柱を使うなどといったことは不可能です。

そのため、必然的に他の部分で耐震性や強度を補強する必要が出てきます。そして、その分価格が上乗せされると考えてください。

壁や柱で補強することができないため、通常の木造住宅では対応が難しい点も特徴です。

現在、注文住宅でビルトインガレージのある住宅を建築する場合の価格は、およそ坪50~80万が相場となっています。

ビルトインガレージのデメリットとは?

次に、注文住宅のビルトインガレージのデメリットについて見ていきましょう。憧れだけを抱いている段階では、なかなかデメリットは見えにくいものです。

デメリットを把握した上で、本当にビルトインガレージを導入するかどうか、もう一度考えることをおすすめします。

1階部分のスペースが狭くなる

ビルトインガレージは、1階部分に駐車スペースを確保する仕組みです。そのため、ビルトインガレージを設置することで、想像以上に1階部分のスペースが狭くなる可能性があります。

もちろん、広い敷地が確保できるのであれば問題はありません。

しかし、一般的な敷地面積の注文住宅を建てる場合、リビングやバスルーム、キッチンのいずれかを2階に置くなどの間取り変更が必要となることも考えておきましょう。

価格が高くなる

ビルトインガレージの特徴のひとつとして、開口部の広さがあげられます。しかし、それだけの開口部をキープしながら、建物の構造上の強度を確保するためには、通常の注文住宅以上の補強は必須です。

木造住宅では対応できないことが多く、必然的に鉄骨住宅となるため、通常の注文住宅以上にお金がかかることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

臭いや音、振動対策が必要

ビルトインガレージは、基本的に密閉空間です。その中で車のエンジンをかけるわけですから、排気ガスや臭いの逃げ道を確保しておかなければいけません。

例えば換気扇もそのひとつです。

また、車やバイクのエンジン音は想像以上に密閉空間では響くものです。ビルトインガレージの隣、または上がリビングである場合、防音対策や振動対策などをしっかり行う必要が出てきます。

その分も、価格が割高になる原因と言えるでしょう。

車の保有台数の計算が必要

ビルトインガレージを設置する際には、現在所有している車の台数だけでなく、将来的な車の保有数を考える必要があります。

建物の構造上、後からいくら「ビルトガレージをもう少し広くしたい」と思ったとしても、そう簡単にはできません。

庭の駐車スペースであれば、後から広くすることはそう難しくありません。これは、注文住宅にビルトインガレージを設置する大きなデメリットのひとつと言えるでしょう。

ビルトインガレージとインナーガレージの違いとは?

ビルトインガレージと似た言葉に、「インナーガレージ」があります。この違いは何だろうと思った方も多いのではないでしょうか。

実は、答えは「同じ」です。

また「ガレージハウス」も同じ意味合いだと考えて構いません。

どれも、建物の1階部分に駐車場を設けている状態ということです。

言葉の意味合いは同じですが「愛車を眺めるため」「駐車場を借りるよりも、敷地内に効率良く車を停めたい」「ガレージでDIYを楽しみたい」「セキュリティ面で安心」など、建物内にガレージを希望する方の理由は様々です。

ご自身の理想とするビルトインガレージ、またはインナーガレージを実践している方の様子を参考にすることで、設置にも現実味が湧いてくるのではないでしょうか。

まとめ

ここでは、主に注文住宅のビルトインガレージの価格やデメリットについてお伝えしました。

開口部が広く、デザイン的にも優れたものが多いビルトインガレージですが、一般的な注文住宅に比べて割高になる、後から広さを変更することができないなどのデメリットも存在します。

まずは一度、今回の記事を参考に、本当に今お考えの注文住宅にビルトインガレージが必要かどうか、また希望を叶えるために、他の方法はないのかなど、改めて検討することをおすすめします。

マイホーム新築をご検討中の方へ?

理想のマイホームを手に入れたいのに失敗してしまうのではないかと不安に思っていませんか?

認知度が高い、中堅~大手ハウスメーカーですら欠陥住宅等の問題がTVで取り上げられていて、何を信じて良いのか分からなくなりますよね。

出来るだけ多くの工務店からの見積りを比較し、厳選していけば必ず優良工務店を見つけることができます。

とはいえ、時間が無い中でプロ相手に優良かどうかを見抜くことは困難ですよね。
そんな方にお勧めしたいのは、完全無料で利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトです。

一括見積りサイトは第三者が間に入ることで優良業社しか登録できないところが利点です。ネットは評判が命ですから、変な会社は絶対に登録させません。

優良の業社の中から相見積りで競わせることで、あなたに最も適した優良工務店が必ず見つかります。

300万円以上の差が出た実績もあります。完全無料で使えて全国の優良業社600社が登録している。利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトは、タウンライフ家作りと言います。

タウンライフ家作りはこちらから

いまなら、毎月先着99名様に「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント中です。

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。