注文住宅の玄関が狭くて後悔してる?適切な広さと工夫について

スポンサーリンク

注文住宅は、設備や間取りを自由に決めることができる反面、建てた後の使いやすさを事前にイメージすることが難しく、後悔することが多いといったデメリットもあります。

家の中で、特に後悔しているという声が多い場所はどこだと思いますか?

それは「玄関」です。

注文住宅を考える上で、どうしても玄関スペースは後回しになりがちです。そのため想像以上に狭くなってしまい、家が建った後に「こんなに狭いの?!想像と違う!」と驚くパターンも少なくありません。

せっかく注文住宅を建てるのであれば、使いやすく良い家を建てたいものですよね。

本記事では、注文住宅の玄関が狭くて後悔しているという具体的事例から、適切な広さ、玄関の工夫についてご紹介します。

あなたがイメージしている玄関は、本当に使いやすい玄関でしょうか?
広さは十分足りていますか?

もう一度チェックする意味でも、ぜひ本記事をお役立てください。

  

注文住宅の玄関が狭くて後悔?!

まずは、注文住宅の玄関が狭くて後悔しているという方の声をご覧ください。
実際の声を聞くことで、自分の家を建てる際に役立てることができます。

傘や靴の置き場を想定していなかった

家族、特に子どもが多いと、どうしても玄関は散らかってしまうものです。
シューズクロークがあったとしても、しっかり片付けるのは不可能というお宅も多いのではないでしょうか。

実際、傘や靴が並ぶと、想像以上に玄関が狭く、ごちゃごちゃして見えるといった不満の声もあります。

土間収納がないためさらに不便

スペースがないからと土間収納を設置しなかったことで、玄関に物が溢れ余計に狭く感じて不便だという声もあります。

ベビーカーやアウトドア用品、自転車など、想像以上に土間収納に置けるものは多いものです。室内の収納スペースを少し減らしてでも、玄関に費やせばよかったという声もあります。

玄関が狭く、圧迫感がある

玄関が狭い上に、シューズクロークなどが大きいと、圧迫感や威圧感を感じてしまいます。

また「玄関は家の顔」という言葉もあり、お客様への印象を大きく左右するため、余計に後悔している人が多いです。

イメージと違う生活になった

「玄関で熱帯魚を飼いたい」「おしゃれな間接照明をつけたい」などと、注文住宅購入前にイメージしていたにも関わらず、狭い玄関のせいで実現できないというパターンです。

図面だけでは実際の玄関の感覚は掴みにくいため、工事が進むにつれますますがっかりしたという声もあります。

注文住宅の玄関の適切な広さとは?

それでは、玄関にはどれくらいの広さがあれば十分ゆとりをもって暮らすことができるのでしょうか。

注文住宅の玄関の適切な広さは、一般的には3畳前後とされています。
もし、予算の都合や敷地面積の都合から3畳の広さを確保することが難しい場合も、2畳は欲しいところです。

ただし、玄関を広くとりすぎて居室が狭くなってしまっては元も子もありません。

他の部屋とのバランスをとりながら、玄関を広くする方法を考えていきましょう。

注文住宅の玄関を工夫する方法は?

注文住宅の玄関を広くしたいと思うものの、面積だけはどうしても変更できないという方もいらっしゃることでしょう。

しかし、玄関は工夫次第で広く見せることが可能です。
限られた予算の中でも、できる限りのことはやっておきましょう。

最後に、注文住宅の玄関を広く見せるための工夫についてご説明します。

玄関の幅を広くする

玄関に立った人は、感覚的に両端のスペースと視界から、広さを察知します。
そのため同じ面積の場合、奥行きよりも幅を広くすることで玄関自体を広く見せることが可能です。

玄関に吹き抜けをつくる

まず吹き抜けのあるリビングを想像してください。
開放感があり、また広々とした空間ができていることがお分りいただけるかと思います。

同様に玄関にも吹き抜けをつくることで、開放感と広さを演出することが可能です。

ただし、吹き抜けをつくることで、新たな空気の流れが発生します。
断熱対策をしっかり行う必要があることをお忘れなく。

窓や間接照明を取り入れる

目の錯覚を利用し、玄関を広く見せる方法もあります。
例えば、アクセントとなるようなクロスを貼ったり窓をつけたりすることで、奥行きを演出することができます。

また、玄関が暗くて光が入りにくい場合は間接照明を置いて暖かな雰囲気を演出するというのも良いでしょう。

まとめ

いくら注文住宅の玄関が狭いと感じたとしても、完成後にリフォームするには、時間やお金が必要となります。

後悔を避けるためには、事前のリサーチが何より重要です。

居住空間とのバランスさえ取れていれば、玄関が広すぎて困るといった事態はほぼ起きません。
つまり、可能な限り玄関は広いスペースをとった方が良いということです。

しかし、注文住宅の玄関スペースの基本となる2~3畳を確保することが難しい場合は、今回ご紹介した注文住宅の玄関の工夫を参考にしてください。

広い玄関を演出することができれば、家自体に対する愛着も大いにわくことでしょう。

マイホーム新築をご検討中の方へ?

理想のマイホームを手に入れたいのに失敗してしまうのではないかと不安に思っていませんか?

認知度が高い、中堅~大手ハウスメーカーですら欠陥住宅等の問題がTVで取り上げられていて、何を信じて良いのか分からなくなりますよね。

出来るだけ多くの工務店からの見積りを比較し、厳選していけば必ず優良工務店を見つけることができます。

とはいえ、時間が無い中でプロ相手に優良かどうかを見抜くことは困難ですよね。
そんな方にお勧めしたいのは、完全無料で利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトです。

一括見積りサイトは第三者が間に入ることで優良業社しか登録できないところが利点です。ネットは評判が命ですから、変な会社は絶対に登録させません。

優良の業社の中から相見積りで競わせることで、あなたに最も適した優良工務店が必ず見つかります。

300万円以上の差が出た実績もあります。完全無料で使えて全国の優良業社600社が登録している。利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトは、タウンライフ家作りと言います。

タウンライフ家作りはこちらから

いまなら、毎月先着99名様に「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント中です。

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。