住宅ローンの金利が安い銀行はある?変動と固定どちらがお得?

スポンサーリンク

住宅ローンを借りるにあたって、多くの方が気になるのは住宅ローンの金利ではないでしょうか。

現在、住宅ローンの金利は過去最低と言われています。

しかし、その中でも金利が高い銀行、安い銀行が存在しますし、変動金利と固定金利のどちらにしようか迷っているといった声も少なくありません。

できることなら、一番金利が安く、少しでもお得に住宅ローンを借りたいと思うのは当然のことです。

本記事では、住宅ローンの金利が安い銀行や、変動と固定のどちらが得か、また将来的な金利推移予測まで、住宅ローンの金利にまつわる情報をたっぷりお届けします。
住宅ローンの借り先を探している方だけでなく、数年以内に注文住宅を購入しようとしている方も、ぜひ参考にしてください。

  

住宅ローンの金利が安い銀行は?

それでは早速住宅ローンの金利が安い銀行について、ご紹介します。

変動金利・期間選択固定金利・全期間固定金利の3種類別に、低金利の銀行ベスト3と説明を掲載していますので、ご確認ください。

ただし、住宅ローンの金利は常に変動しています。今回ご紹介する数字は、2017年12月の数字であり、実際に申し込まれる際には店頭やインターネット等で最新の情報をご確認ください。

変動金利

変動金利とは、名前の通り半年ごとに金利が見直される仕組みです。
借入後に金利が下がると返済額も下がりますが、金融市場の影響を最も受けやすいタイプであるため、情報収集が必要です。

・じぶん銀行(0.457%)
・住信SBIネット銀行(0.477%)
・イオン銀行(0.570%)

期間選択固定金利

最初の1年、3年、5年など、金利固定期間を選択できる仕組みです。
変動金利に比べると、金利は高くなります。

・じぶん銀行(0.610%)
・イオン銀行(0.690%)
・住信SBIネット銀行(1.110%)

全期間固定金利

住宅ローンの借入期間中、金利が固定される仕組みです。
金融市場の影響を全く受けないため、金利が上がっても損はしませんが、下がっても恩恵を受けることはできません。

・ARUHI(0.710%)
・楽天銀行(0.890%)
・住信SBIネット銀行(0.890%)

ネット銀行は、安い金利の商品が多い

上記の金利をご覧いただいてわかるように、安い金利の住宅ローンを探すのであれば、ネット銀行の商品がベストと言えます。

ただし「金利が安い=審査が厳しい」とされているため、年収や勤務先などに自信がない方にとっては、残念な結果になってしまうことも予測しておきましょう。

住宅ローンの金利は変動と固定どちらがお得?

住宅ローンの金利を比較すると一番わかりやすいかと思いますが、変動と固定では約2倍の差があります。

一見、変動の方がお得に思えますが、金利が上昇する可能性を考えると、絶対にお得とは言い切れません。

つまり、住宅ローンの金利は、変動と固定どちらがお得かを言い切ることができる人は、どこにもいない!ということです。

それではあまりに身も蓋もない答えですよね。

そこで、どちらが向いているかを選ぶポイントをひとつお伝えします。
それは「短期返済が可能かどうか」です。
「借入期間が20年以内であること」を目安にすると良いでしょう。

変動のリスクは、将来の金利上昇ですが、未来がどうなるかは誰にもわかりません。

短期返済が厳しいのであれば、リスクを避けて固定を選びましょう。
固定のメリットは、返済計画が立てやすいことです。
精神的に安心できることも大きなメリットと言えるでしょう。

住宅ローンの金利は変動と固定どちらが得かを考えても、結論を出すのは難しいものです。

金利に一喜一憂するのが辛いという方は、固定をおすすめします。

住宅ローンの金利推移とは?これからあがる?

現在、変動、固定ともに歴史的な低金利が続いています。
過去1年の水準を見ても、過去最低の低水準をキープしており、このままどこまで低金利が続くのか注目が集まっています。

さて、住宅ローンの金利はこれからどのように推移するのでしょうか。

日本だけを見ていると、このまま低金利が続きそうですが、実は世界的には長期金利は上昇傾向にあります。

急激ではないため、目立ちにくいですが、少し注意が必要でしょう。

特にアメリカの金利がこのまま上昇を続ければ、日本への影響も避けられない事態となります。

今すぐ金利が急激に上がるとは言い切れませんが、変動金利の住宅ローンを利用している方は、世界情勢と合わせて、チェックすることをおすすめします。

まとめ

ここでは、住宅ローンの金利情報についてご紹介しました。

金利が安い銀行ベスト3は、どれもネット銀行であることに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンを借りる以上、金利の安さは大事なポイントですが、審査に通らなければ意味がありません。

また、銀行を決めたとしても今度は固定にするのか、変動にするのか、新たな悩みが発生することになります。

どちらが得か、損かを判断基準にしてしまうと、いつまでたっても決まらないという可能性もあります。

住宅ローンは、長期的な返済計画が必要です。今回ご紹介した内容を参考に、後悔しない選択を行ってください。

●おすすめの住宅ローン
>>住宅ローンは【じぶん銀行】がおすすめです。

●一括審査はこちらから
>>住宅ローン借り換え一括審査申込み

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。