理想の間取りを簡単に作成する方法/無料シュミレーションアプリもご紹介します。

スポンサーリンク

マイホームを新築するなら、最大限、理想を追求した間取りにしたいですよね。
そこで、簡単に間取りを作成する方法とフリーの間取り作成アプリをご紹介します。

間取りを作成する上で基本となる考え方

基本を覚えてしまえば手書きでも簡単に間取りを作成できるようになります。
簡単な内容ですが、間取り作成ソフトを使うときにも必ず役立つ考え方です。

基本的な話しの前に・・・簡単な算数問題

 

「910×1820mm」この数字が何か分かりますか?

 

家の中には様々な場所で「910×1820mm」の数字が出てきます。
分かりやすく例えるならば、畳の一般的なサイズが「910×1820mm(3×6サイズ)」です。

数字を表す単位は何種類ありますか?
cm、mm、Mが一般的ですが、家作りには、いまだに尺貫法が使われています。

補足説明
1分=3mm、1寸=3cm(30mm)、1尺=30.3cm(303mm)です。

910mmを尺貫法で表現すると、3尺になります。
なぜ、畳の寸法が910mmに設定されているのでしょうか?

畳だけでなく、床の下地に使う合板や壁の下地に使う石膏ボード等も一般的な規格は「910mm×1820mm(3×6尺)」が採用されています。その理由は、家作りの基本が尺貫法を用いて作られていること、また、フローリング等の建材品が坪単位で販売されていることが関係します。

ブル50
例えば、石膏ボードのサイズが1Mや1.5Mなどサイズだったとしたら、下地が入っていないので止め付けができませんよね?
補足説明
家の基本は、910mmで作られています。厳密に言えば、柱の芯と芯の間の寸法が910mmです。
910mmで作られている家を910モジュールといいます。
また、1メーターを基本として作られている家をメーターモジュールといいます。

坪と平米について

1坪の㎡数をご存知ですか?

 

1坪=3.3㎡

 

畳の㎡数をご存知ですか?

 

畳1枚=1.65㎡

 

ということは、畳2枚で3.3㎡なので、畳2枚で1坪になります。

一般の人には聞きなれない言葉で非常に分かりにくいと思いますが、家の基本は910mm単位で作られていて、910mmの正方形が4つで1坪になると理解すれば問題ありません。

手書きで書く方法


エクセルで正方形のマスを作りプリントアウトします。方眼紙でも構いません。

1マスを910mm×910mmとして考えます。
建築予定の土地にどれぐらいの建物なら入るのかざっくり計算します。
素人が作成する間取りは建築できるかどうかは別問題なのでざっくりで構いません。

建築予定地が横長の土地だとします。
横に12マス、縦に8マスの建物なら土地に収まるようです。
(横:910mm×12マス=10920mm、縦:910mm×8マス=7280mm)


北側に水回りを持ってきたかったので、まずは浴室の位置を適当に決めて書いてみました。


LDKを付け足してみました。この時点で失敗の予感がします・・・


階段、トイレ、廊下、和室、玄関を付け足して完成です。
製作時間10分程度で書きました。

自己評価は、100点満点中・・・20点ぐらいかと思います。和室狭いですね。
ヘタクソな図面で本当に申し訳ありません。

ブル50
無料のアプリやフリーソフトも充実しているので、わざわざ手書きする必要もありませんが、アプリやフリーソフトでは思いつかなかったアイディアが生まれることがあるかもしれません。

おすすめ有料ソフトのご紹介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 メガソフト 〔Win版〕 3Dマイホームデザイナー 12
価格:8737円(税込、送料無料) (2017/3/22時点)

間取り作成ソフトは無料のものからプロが使う高額なものまで種類が豊富です。

無料版では使用できない機能もあり、不便を感じることがあります。
数千万円という高額な家を購入する目的で使用するソフトですから、後々後悔しない為にも、数千円の投資は必要なことではないかと思います。

数万円~数十万円のソフトは必要ありませんが、8千円程度で購入できる「3Dマイホームデザイン」おすすめです。

せっかくなので手書きした図面を3Dマイホームデザインで書き直しみた

ビックカメラ楽天市場店で購入しました。

直感的に操作でき、難しい知識は全く必要ありません。パズルをはめていく感覚で楽しみながら間取り作成ができます。

作成した間取りを上から見た画像です。俯瞰図をみることでより具体的にイメージできます。

内部カメラがあるので、色んな角度から確認することができます。

外観イメージパースです。外壁の種類も豊富でこまかく外壁を指定できます。また、屋根の形状、種類も自由の決めることができます。

無料厳選アプリをご紹介

間取りTouch+

間取りTouch+ お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ

間取りTouch+ お部屋のデザインに役立つ図面作成アプリ
無料
posted with アプリーチ

使いやすい無料のアプリです。部屋に設備や家具を配置して参考イメージを作ることができます。
細かな部分もカスタマイズ可能なので、暇な時間に2Dの間取りを作成したい人におすすめです。

Home Design 3D – Free

Home Design 3D - Free

Home Design 3D – Free
開発元:Anuman
無料
posted with アプリーチ

3Dで作成できる間取り作成アプリです。
家具や家電を配置して、3Dで確認すると狭いと感じたり、どこか無理して配置していないか?確認できます。

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。