ハウスメーカーと都道府県別の坪単価比較一覧とランキング♪♪

スポンサーリンク

ハウスメーカー坪単価一覧

大手から中堅ハウスメーカーの坪単価一覧表です。

ハウスメーカーと都道府県の平均坪単価を掲載しております。
希望しているハウスメーカーの坪単価はどれぐらいなのか?お住まいの地域の平均坪単価と比べて高いのか安いのか?

平均坪単価だけで適正価格が分かる訳ではありませんが参考になる部分は多いのではないかと思います。

※スマホでご覧の方は横スクロールが可能です。

アイダ設計 25~30万円 アイダ設計は1都15県で営業展開しているローコスト住宅を手がけるハウスメーカーです。低価格住宅ですが、制振装置や体力面材で耐震性を高めています。
アイフルホーム 25~55万円 アイフルホームはフランチャイズ展開しているハウスメーカーです。年間5000件の施工実績がありますが、加盟店のレベルに左右されるので注意が必要です。
アエラホーム 20~50万円 外張断熱で有名なアエラホームです。低価格ながら断熱や機密性に対する拘りは一級品?!
アキュラホーム 35~50万円 「注文住宅に絶対の自信」がコンセプトで低価格ながらデザイン性が高い住宅を手がけるハウスメーカーです。建物本体価格1000万円の施工実績も豊富です。
アルネットホーム 50~70万円 埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県の注文住宅を中心に7,500棟の施工実績があり、設計士やインテリアコーディネーターと打合せが可能で注文住宅が建設できます。
イザットハウス 55~65万円 全国トップクラスの機密性を誇る家をウリとしているハウスメーカーです。加盟店も年々増えているようです。2017年には不動産部を新設しています。
イシンホーム 40~55万円 「家事二分の一、経済力を2倍」省エネ設備や太陽光発電を駆使し0円住宅を目指すがイシンホームの家づくの考え方のようです。ここまで設備でこの坪単価は安いかもしれません。
一条工務店 50~70万円 高断熱・高気密に力を入れているハウスメーカーです。ハイブリット免震システムを導入し地震対策を行っています。
ウィザースホーム 30~50万円 体験宿泊で、家を建てたときのシュミレーションが可能です。関東方面の方は一度体験してみては?
エースホーム 30~40万円 エースホームは全シリーズが長期優良住宅に対応しています。長期優良住宅がこの坪単価ならお買い得かも?!
オーガニックハウス 60~90万円 流行に左右されない、自然の共存する家作りがコンセプトで、自然の風や光を家に取り込むデザインが特徴です。アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトの思想や哲学を重んじているそうです。
菊池建設 60~90万円 静岡・神奈川・東京・千葉・埼玉で桧の家を手がける地場工務店です。和風を現代的にアレンジした高級住宅が得意のようです。和風をお求めの方におすすめです。
クレバリーホーム 30~50万円 タイル張りの家が有名なクレバリーホームです。特徴があまり無いように感じますが、他メーカーと比べて制約が少なく自由度が高いように思えます。
三校ホーム 50~60万円 外断熱と制震ダンパーが標準仕様です。最長30年の保証が付いていて安心できます。保証の長さは商品への自信の表れかもしれません?!
サンヨーホームズ 50~75万円 「人と地球が喜ぶ家作り」が企業理念で、長寿命な住まいを実現?!坪単価と家作りのバランスが取れたハウスメーカーです。
GLホーム 40~50万円 2×6でアーリーアメリカン、フレンチスタイル、スパニッシュなどのデザインが得意なハウスメーカーです。
スウェーデンハウス 70~100万円  北欧の建築ノウハウを、日本向けに改良して製品化したハウスメーカーです。断熱性や機密性はトップクラス。北欧風の家が好きな人には刺さるハウスメーカーです。
住友不動産 40~80万円  グッドデザイン賞を連続して受賞していてデザイン力に定評があります。高層ビルも手がける住友不動産ならではの免震・制震・耐震技術がウリです。
住友林業 40~80万円  ビッグフレーム構法で有名な住友林業です。創業当初から木材の流通や緑化推進の事業を行っていて、木造の建築のパイオニアといっても過言ではありません。
積水ハウス 50~80万円  ハウスメーカーでシェア率NO,1。プレハブ工法や住宅展示場を日本で初めてオープンしたことで有名です。誰もが知っている超大手ハウスメーカーです。
セキスイハイム 65~75万円  鉄骨造と木造とどちらも人気のセキスイハイムです。工場で80%作って現場で組み立てるユニット工法を採用しています。
セルコホーム 30~60万円  カナダ輸入住宅に特化したハウスメーカーです。西海岸の雰囲気やヨーロッパのお城のような住宅をお求めの方におすすめのハウスメーカーです。
ゼロキューブ 30~50万円  建物の凹凸をなくし、徹底的なコストダウンでローコスト住宅を実現。仕様を統一したり、凸凹が無い家は施工単価が下がります。基本仕様にオプションを追加していく家作りです。
ダイケンホーム 45~55万円  大建工業の子会社で年々施工数を伸ばしています。総合建材メーカーならではの蓄積されたノウハウを活用した実用的でデザイン力が優れたハウスメーカーです。
大成建設ハウジング 75~90万円  コンクリート造の家。天候に左様されないように、屋内でコンクリートを仕上げるプレキャスト工法を採用しています。
ダイワハウス 40~80万円  ユニークなCMや「天井高2m72cm」などの空間使いに定評があるハウスメーカーです。認知度も高く、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
タマホーム 25~50万円 皆さんの想像以上に、標準仕様のグレードが高いことを知っていますか?一昔前は”ボッタクリ”と言われていましたが、最近では見積り初期から坪単価40万以上を提示することが多いようです。
土屋ホーム 60~70万円  BES-T構法という独自工法を採用しており、省エネやバリアフリー住宅を得意とするハウスメーカーです。
東急ホームズ 50~100万円  北米輸入住宅を手がけるハウスメーカーです。「ミルクリーク」という商品が有名です。
トヨタホーム 40~70万円  自動車メーカー・トヨタが手がけるハウスメーカーです。全国展開していますが特に愛知県でシェアが高い。標準仕様で耐震等級3をクリアしています。
パナホーム 50~80万円  キラテックで有名なパナホームです。キラテックが目的で選ぶという人も多いようです。高層建築の技術が高く3階建ても人気です。
日本ハウスホールディングス 50~65万円  東日本ハウスで有名でしたが、2015年から日本ハウスホールディングスへと社名変更しています。
へーベルハウス 60~90万円  旭化成グループが運営しているへーベルハウスです。軽量気泡コンクリートのことを「へーベル」と言います。地震に強い家として有名です。
ミサワホーム 60~75万円  「蔵のある家」は容積率に含まれない設計なので、敷地面積が狭くてお悩みの方に喜ばれています。
三井ホーム 50~80万円  2×6を採用しており耐久性に優れています。クリエイティブパートナーといい、設計士等の他、インテリアコーディネーターやエクステリアコーディネータと打合せることでデザイン性に優れた家が建ちます。
三菱地所ホーム 60~90万円  フルオーダーで作る完全自由設計の注文住宅がウリのハウスメーカーです。全館空調のエアロテックが有名です。
ヤマダエスバイエル 55~65万円  平成23年にヤマダ電機と資本提携し25年にヤマダエスバイエルと社名変更となりました。次世代省エネ基準を満たすスマートハウスに力を入れています。
レオハウス 25~40万円  坪単価を落したローコスト住宅です。太陽光発電に力を入れておりランニングコストを抑えた家作りに注力しています。
レスコハウス 50~90万円  鉄筋コンクリート造一筋のハウスメーカーです。地震や火災に強い家作りを得意としています。
ロイヤルハウス 30~50万円  フランチャイズ展開しているハウスメーカーです。地元工務店の特色を残しつつ本部の恩恵を受ける形で運営しています。認定プレカット工場で加工するので一定の品質が保たれています。

都道府県別の坪単価一覧

全国 58.1万円
北海道 57.8万円
青森県 53.1万円
岩手県 57.8万円
宮城県 58.7万円
秋田県 52.8万円
山形県 55.8万円
福島県 60.1万円
茨城県 56.8万円
栃木県 57.4万円
群馬県 57.8万円
埼玉県 57.8万円
千葉県 60.4万円
東京都 63万円
神奈川県 63万円
新潟県 57.1万円
富山県 58.1万円
石川県 57.4万円
福井県 54.8万円
山梨県 58.7万円
長野県 61.7万円
岐阜県 59.1万円
静岡県 60.7万円
愛知県 61.4万円
三重県 60.7万円
滋賀県 54.1万円
京都府 57.1万円
大阪府 56.4万円
兵庫県 57.1万円
奈良県 56.8万円
和歌山県 54.8万円
鳥取県 57.4万円
島根県 58.1万円
岡山県 62.4万円
広島県 58.7万円
山口県 57.4万円
徳島県 52.1万円
香川県 56.4万円
愛媛県 54.1万円
高知県 57.4万円
福岡県 54.8万円
佐賀県 54.1万円
長崎県 53.5万円
熊本県 53.1万円
大分県 53.1万円
宮崎県 49.2万円
鹿児島県 54.1万円
沖縄県 58.1万円

 

都道府県別の坪単価を見てみると、全国平均が58.1万円であり、概ね50万円~60万円に収まっていることが分かります。

この金額は、ハウスメーカーの着工件数が多いことで平均単価が押し上げられていると推測できます。
地元の工務店だけの平均だと大きく金額が下がるでしょう。 ハウスメーカーと工務店のメリットデメリットにも書きましたが、それぞれに特徴があるので、どちらが良いとは一概には言えません。

何を求めるのか次第で家作りは大きく異なります。それぞれの特性を理解し選択しなければ良い家を建てることはできません。まず第一に複数社の見積りを見比べることです。

複数社の見積りと、ハウスメーカーの坪単価、都道府県別の坪単価の3つを比べることで見えてくるものがあるかもしれません。
このサービスを利用すれば無料で簡単に複数社の見積りが手に入ります。

●関連記事
工務店とハウスメーカーが同じ坪単価だった場合、どっちに頼む?
坪単価の相場はいくら?新築一戸建ての目安になるのか?
大手ハウスメーカーが提示している坪単価よりも高額になる理由とは?
坪単価の計算方法とは?定義が無い!闇を紐解く!
坪単価を極限まで下げるには?安くて良い家を建てる注意点!

●こちらもご参考下さい。

皆が選ぶハウスメーカーランキング!全国40社以上のハウスメーカーをユーザー投票形式でランキング

2017.03.21

ハウスメーカーと地元工務店の違い?!メリットデメリットを把握すると選択肢が増える!

2017.03.21

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。