ローコスト住宅新築で失敗、後悔しない為のたった一つのこと!!

スポンサーリンク

ローコスト住宅に対してどういった印象をお持ちですか?

ローコスト住宅に惹かれているけど、失敗例も聞くから不安だぁ!でも本当は、ローコスト住宅に問題がなければローコストで建てたいという人も多いのではないでしょうか?

検討した結果、どうしてもローコスト住宅では建てたくない・・・が・・・・予算が足りない場合は、他の方法で総金額を下げるしか方法がありません。合わせてその方法を解説します。

ローコスト住宅が向いている人

ローコスト住宅で失敗しない為のたった一つの方法を解説するまえに、前提条件を確認しておく必要があります。

ローコスト住宅を建てる前に覚悟しておくことは、

  • 個性がない家になる
  • 住宅設備機器が限定される
  • トリッキーな間取が作れない
  • 断熱機密が多少下がる

上記の特性が納得できない人は、そもそもローコスト住宅を建ててはいけない人です。予算面で厳しい場合は、その他方法で金額を下げましょう。

ローコスト住宅の特徴は?

ローコスト住宅の特徴の一つに、大量生産と大量受注があります。

予めある程度の建物の形を決め、プレカット材(材木や軽量鉄骨等)や床材やキッチン等のメーカー品などを大量生産と大量受注することで大幅なコストカットを行います。また、施工を簡略化することで人件費を下げます。

以上の理由から、「ローコスト住宅の全てが悪い訳じゃありませんよ!」とお伝えしたとしても、「それは知っている!」という声が聞こえてきそうです。

多くの方が気にしているのは、そこではないと思っています。

おそらく多くの方が気になっている部分は、ローコスト住宅をお願いして「欠陥住宅」になったら嫌だという事だと思います。

ローコスト住宅で失敗しないたった一つの方法とは?

ざっくりと説明しましたが、”ローコスト住宅の全てが悪い訳ではない”という前提で話しを進めます。

正しいローコスト住宅の建て方はたった一つしかありません。

その正しい方法とは、「会社選び」を間違えないということだけです。

最近では、秀光ビルドの欠陥住宅問題がありました。

「A氏の家は土台の下に基礎が築造されていない部分や土台と基礎が10センチもズレている部分があり、明らかに建築基準法に違反していました。

 また、一階と二階の柱や壁の位置がズレており、耐震を強化する“ダイライト”と呼ばれる耐力面材が継ぎ接ぎで貼り付けられていた。これでは何の効力もありません」
引用:文春オンライン

会社選びを間違えないという説明をしましたが、会社の選び方が分からない、どの会社を信用して良いのか分からないという人が多いのではないでしょうか?だからこそ、ネットで色々な情報を集め調べているのだと思います。

ネットの情報や実際に建てた人の口コミを見ることは非常に大切なことですが、それだけでは十分な対策とは言えません。欠陥住宅の多くは目に見えない部分であり、新築から数年、場合によっては数十年後に発覚します。

情報集めや口コミチェックを継続して行えば、ハズレを引く確率は格段に下がりますが、それでも、”大丈夫だろう”というレベルで大切な家を建てる契約をしなければいけません。

どうすれば、もっと確率を上げることができるのでしょうか?

第三者機関にお願いする

例えば、ローコスト住宅の営業マンから

土台は桧の4寸角、耐震対策で耐力面材、制震対策で油圧ダンパー、免震システムも採用しています。断熱材は32Kで高性能です。など等と説明を受けたとしても、秀光ビルドのように土台がずれていたり、耐力免材を間違った使い方をされたら意味がありません。

一般の方でも、ある程度の勉強をすることで家の仕様をチェックすることは可能になりますが、実際に図面や現場で、基礎、土台のチェック、壁量計算、構造計算(必要ない場合が多い)、等をチェックすることは難しく現実的ではありません。

結論からすれば、第三者機関にお願いするしか解決策はありません。

第三者機関を利用する方法


第三者機関といっても、色々とありますが、
例えば、特定非営利活動法人建築Gメンの会という第三者機関があります。

「Gメンの会」では、図面のチェック、建築中の各工程でのチェック、瑕疵調査、契約書類のチェック等を有料でお願いできます。

有料にはなりますが、数千万円の買い物で失敗するわけにはいきませんので、予算が厳しい場合には、他の部分(住宅設備機器や建材品)のランクを落してでも第三者機関を入れる価値は十分あります。

第三者機関が入っている一括見積りを利用する

「Gメンの会」に頼む程ではないという方は、第三者機関が間に入って一括見積もりしてくれるサイトの利用をおすすめします。

一括見積りサイトのメリットは、

  1. 全て無料である
  2. 厳格なる基準をクリアした会社のみ登録してある
  3. 複数社の見積りから比較検討できる

こちらのサイトでは、一定基準以上の工務店やハウスメーカーのみが登録してあるので、そもそも粗悪な会社にあたりにくいというメリットがあります。

”ハウスメーカーと工務店の違い”でも解説しましたが、同額の予算の中で一番良いプランを提案してくれた会社に依頼すれば、予算は同じでグレードの高い家が建築できます。また、最安値のプランを知りたい場合は、予算上限を定めずにプラン作成を依頼すれば最安値のプランで建築できます。

一括見積りの詳しい内容はこちらから

ローコスト住宅は嫌だけど予算を抑えたい人は・・・


ローコスト住宅は嫌だけど、予算を抑えたい人は、有名ハウスメーカーに依頼しランクを徹底的に下げるか、どこか別の部分を妥協するしかありません。

どこを妥協すれば予算が抑えられるのか?

一つ目の方法は、建築坪数を限界ぎりぎりまで小さくする方法です。一般的に建物面積が小さくなればなるほど、坪単価は上がります。坪単価はUPしますが、建築面積が狭くなればそれだけ総予算は下がります。

ローコストは嫌だけど予算が無い人は家を小さくしましょう。

二つ目の方法は、立地を妥協する方法です。
土地から購入する人は、開発地にマイホームを建築するケースが大半だと思います。

開発地の多くは、”好立地で坪単価が高い”が”住みやすい”と思います。そこをあえて不人気で立地が悪く坪単価が激安の地を選びましょう。

建物本体価格を落せないのであれば、残る方法は土地代金を下げるしかありません。
坪30万円の好立地の場所から、車で1~2時間で、坪5万円の土地があるかもしれません。

まとめ

第三者機関に依頼する方法と、一括見積もりを利用する方法を解説しましたが、間違いが無いのは、第三者機関にチェックをお願いする方法です。

マイホーム新築は一生をかけて払い続ける大きな買い物です。当初予算を超えてまで建てるべきではありません。予算に余裕がある人、まだ削る部分がある人は、第三者機関の利用をおすすめします。または、一括見積りを活用しましょう。

マイホーム新築をご検討中の方へ?

満足度が高く安くて良い家、理想のマイホームを手に入れたいのに失敗してしまうのではないかと不安に思っていませんか?

認知度が高い、中堅~大手ハウスメーカーですら欠陥住宅等の問題がTVで取り上げられていて、何を信じて良いのか分からなくなりますよね。

出来るだけ多くの工務店からの見積りを比較し、厳選していけば必ず優良工務店を見つけることができます。

とはいえ、時間が無い中でプロ相手に優良かどうかを見抜くことは困難ですよね。
そんな方にお勧めしたいのは、完全無料で利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトです。

一括見積りサイトは第三者が間に入ることで優良業社しか登録できないところが利点です。ネットは評判が命ですから、変な会社は絶対に登録させません。

優良の業社の中から相見積りで競わせることで、あなたに最も適した優良工務店が必ず見つかります。

300万円以上の差が出た実績もあります。完全無料で使えて全国の優良業社600社が登録している。利用者数が100万人を突破した一括見積りサイトは、タウンライフ家作りと言います。

タウンライフ家作りはこちらから

いまなら、毎月先着99名様に「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント中です。

こちらのページに都道府県別の坪単価とハウスメーカーの坪単価一覧がありますので参照下さい。

ハウスメーカーと都道府県別の坪単価比較一覧とランキング♪♪

2017.03.26

皆が選ぶハウスメーカーランキング!全国40社以上のハウスメーカーをユーザー投票形式でランキング

2017.03.21

●こちらもご参考下さい。

1000万円で家が建つのか?一戸建てを出来るだけ安く建てるには?

2017.04.26

ローコスト住宅に成功する工務店と失敗する工務店とは?暴露するので良い家建てましょう。

2017.05.13

ローコスト住宅ランキングをご紹介!あっ!こんな会社あったけ?

2017.05.24

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。