システムキッチンを激安リフォーム!費用がどれぐらいかケース別に考えてみる!

スポンサーリンク

リフォーム予定のシステムキッチン選びはお済ですか?床の張替え、壁のやり変え、キッチンの取替え等、どこまでリフォームするか決まりましたか?

既に見積り済みの方は、どうやったら費用を抑えることができるのか?について知りたいでしょうし、これから見積りの方は、費用の概算や安くする方法を探していることでしょう。

立場によって知りたい情報が異なるとは思いますが、この記事では、情報集めを始めたばかりの初期段階の方から、既に業者へ見積り済みの方まで全ての方を対象にした記事になります。

既に知っていると思う情報に関しては、目次をクリックして知りたい情報へスクロールして下さい。

システムキッチン本体費と付帯工事費について

主婦
付帯工事って何?いくらぐらいかかるものなの?
ブル50
既にご存知の通り、システムキッチンの取替え工事と言っても、既存のキッチンを取り替えるだけの工事なのか、キッチンの場所を変更するのか?床や壁もリフォームするのかによって、リフォーム費用が異なります。

出来る限り分かりやすく解説しますね。

キッチンを取り替えるだけの工事の場合

一番費用が抑えられるリフォームは、既存のキッチンを取り替えるだけの工事です。

費用
費用A:システムキッチン本体費+20万円~30万円が相場です。
注意
配管工事などのやり直しをしない前提の金額になります。取替えだけでも給排水の配管工事からやりかえる場合は、別途費用が発生します。

床を張り替えする場合


システムキッチンのリフォーム時に合わせて行う事が多いのが、床の張替え工事です。

床の張替え工事の費用内訳は、大工の人件費と材料代金です。
人件費はお部屋の広さや下地(根太)からなのか?によって異なりますので、一概には言えませんが、費用Aにプラス5万円~15万円程度(費用B)が相場です。

床材の材料費は床のグレードにより異なります。
各メーカーに安いタイプの普及品から高額の上位品が揃えられています。どのメーカーのフローリングも若干の金額や特徴等が若干異なりますが、同等グレードは同等の金額と考えてOKです。

  • 普及品→坪7,000円~12,000円前後
  • 中級グレード→坪12,000円~18,000円前後
  • 上級グレード→坪18,000円~25,000円前後
  • もっと上級品→坪25,000円~
床材の金額
費用C:坪数×上記坪単価
例:12畳=6坪 普及品の場合、6坪×7,000円=42,000円

㎡を坪に、坪を畳にする計算については、理想の間取りを簡単に作成する方法/無料シュミレーションアプリもご紹介します。をご参照下さい。

例えば、普及品は、ノダのJクラレスパナソニックのフィットフロアがあります。中級品は、東洋テックスのE-100シリーズ永大産業の里床等があります。上級グレードは、無垢材(ウォールナットやチーク)や永大産業のプレミアム無垢等があります。

壁のリフォーム

キッチンの移動に合わせて壁を作り直すことがあります。

柱材(3M×105×105)や間柱(3M×30×105)等の木材と人件費、クロス代金が掛かります。概算で5万円~20万円(費用D)程度が相場です。注意:壁の面積等で金額が異なります。

システムキッチンの本体費用

システムキッチンの本体費用はリフォーム工事の費用内訳の中で大部分を占めますので、本体費用の差でリフォーム総額が大きく異なります。

値段が安い普及品タイプ(例えばラクエラ)で40万円~60万円前後、中級グレード(例えば、クリンレディやエマージュで60万円~80万円前後、上級グレード(例えば、SSやリシェル)で70万円~130万円前後が相場です。

●こちらもご参考下さい。
ラクエラキッチンの価格や評判・口コミは?木製キッチンの中では最強の理由とは?
クリナップのクリンレディ/人気の理由や特徴・口コミ評判をまとめてみました!
タカラレミューの値引き率や特徴は?写真で価格と特徴を確認/口コミもチェックしてみた!
リクシルのキッチンは何種類ある?リシェル、アレスタ、シエラの違いとは?

費用を合計してみよう

上記の内容を合計するとどれぐらいの金額になるのか計算してみましょう。

キッチン取替えのみ

システムキッチン本体費用40万円~130万円+費用A(20万円~30万円)

  1. 最安値=60万円前後
  2. 最高値=160万円前後

床張替え工事

今回は分かりやすいように、12畳(6坪)のお部屋の床張替え工事とします。

システムキッチン本体費用40万円~130万円+費用A(20万円~30万円)+費用B(5万円~15万円)+費用C(4.2万円~15万円)

  1. 最安値=70万円前後
  2. 最高値=190万円前後

床+壁のリフォーム

システムキッチン本体費用40万円~130万円+費用A(20万円~30万円)+費用B(5万円~15万円)+費用C(4.2万円~15万円)+費用D(5万円~20万円)

  1. 最安値=75万円前後
  2. 最高値=210万円前後

大体の相場感が分かる?

上記の計算では、一番安いタイプと高いタイプの比較になりますが、実際には、キッチンや床のグレードやお部屋の広さ等によってリフォーム総額が異なります。

どこまでリフォームするのか?どの程度の商品を選ぶのか?を検討しながら、リフォーム費用の目安としてご活用いただければと思います。

激安リフォームのまとめ

システムキッチンのリフォーム工事は、工事別の項目の組み合わせと、商品ランク、人件費の組み合わせで総額が決まることが分かります。

システムキッチンのリフォームを安くするには以下の方法があります。

  • 商品ランクを落す、お得なシステムキッチンを購入
  • 仕入れの安いリフォーム業者を選ぶ

商品ランクを落す、お得なシステムキッチンを購入する

商品ランク次第で、100万円前後の差が出ます。
予算が厳しい場合には、単純に商品ランクを下げれば安く済ませることができます。とはいえ、出来るだけ良い商品でリフォームしたですよね?

その場合は、システムキッチンを激安・お得に手に入れる裏技とは?をご参照頂き、良い商品を出来るだけ安く手に入れて理想のリフォームを実現させましょう。

仕入れの安いリフォーム業者を選ぶ

業者によって商品の仕入れコストが異なります。

例えば、パナソニックのアラウーノSⅡの定価は196,000円ですが、

A社は掛け率30%=58,800円
B社は掛け率55%=107,800円
差額=49,000円

約5万円程度の差がでます。また、住宅設備機器に得値が出ているという事は、他の建材品(床材や建具材等)にも特値が適用されていると考えられます。

主婦
いっぱいリフォームしている会社が有利ってことですね?
ブル50
年間販売数が多い会社に特値が適用されますが、大きな会社が安いという訳ではありません。

大きなリフォーム会社や工務店、ハウスメーカーは、得値が適用されており、仕入れコストが格段に安い場合が多いのですが、その他の経費(宣伝広告費や人件費)にかなりのお金を使っている会社が多いのも特徴です。

主婦
じゃあ何を基準に選べば良い?
ブル50
極論を言えば、得値が適用されていて、少数精鋭で宣伝広告費にお金をかけず、適正価格でお客様へ提供している会社を選べば最安値でリフォームできます。

そんな会社が簡単に見つかれば苦労しない

主婦
理屈は分かるけど、そんなに簡単に見つかるなら苦労しないわ!

リフォーム会社へ、実際に話しを聞きに言ったとしても、内情や実態を知ることはできません。

理想とするリフォーム会社を見つける為に有効な手段は、”相見積り”です。

相見積り3つの活用方法

相見積りを行う場合には3つの方法があります。

  • とにかく安い見積もり
  • 上限予算を決めて見積もり
  • 同グレードで見積もり

相見積りを依頼するときに、部屋の間取と希望の条件をざっくりと伝える方がいらっしゃいますが、せっかく見積り依頼するのにそれでは意味がありません。

「とにかく安く見積もり」
とにかく安く見積もりをお願いすれば、一番安かった会社を選ぶことができます。

「上限予算を決めて見積もり」
上限予算を決めて見積もり依頼をすれば、同じ予算の中でよりグレードの高い商品を採用している会社を選べます。

「同グレードで見積もり」
同グレードで見積りを依頼すれば、同グレード内で一番安い会社を選ぶことができます。

依頼の際には、複数社に見積り依頼していることをしっかりと伝えておきましょう。また、見積りは、3パターンもらえれば一番良いのですが、難しい場合は、最低でも「上限予算を決めた見積り」と「同グレードで見積り」を貰うようにしましょう。

補足
各会社によって、得意なメーカーが違います。パナソニックに得値が出ている会社もあれば、リクシルに得値が出ている会社もあります。

ご自分の希望のメーカーの見積りと、同等品でおすすめメーカーを提案してもらえれば、お得な商品にめぐり合うことがあるかもしれません。

相見積りを成功させるポイントは、優良業者と予想される会社を絞り込み、最低でも3社以上から見積りを取り比較することです。

こちらは優良リフォーム会社のみが登録してあるので、リフォーム会社を絞り込む為に1件1件回る時間が無い方や、自分では良し悪しの判断ができないと不安な方にはおすすめしています。

第三者が入ることで、安心できるやカスタマーサポートが公平な立場でサポートしてくれるから等の理由から多くの方が利用しているサイトです。

新築一戸建てで数百万得する方法とは?

マイホーム新築で数百万円得した方法を実例と合わせて解説します。
これからマイホーム新築をご検討の方は要チェックです♪♪

注文住宅&リフォーム 管理人おすすめ情報

リフォームを成功させる為には、値段だけでなく質が高いリフォーム会社を選ぶ必要があります。ココを利用すれば値段も安く良質なリフォーム会社が見つかります。

注文住宅は見積り比較で数百万の差が出る。実際に300万円金額が下がった実例有り。
失敗したくない人はコチラをチェック!「成功する家作り7つの法則」無料プレゼント

非公開物件や住宅ローンをお探しの方へ

ネットでは見つからない非公開物件をお探しの方はこちらがおススメ!

お得な住宅ローンをお探しの方はこちらをチェック!数百万の差がでることもありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

九州在住で妻、長女、次女、三女の5人家族。建築業界に勤め、新築やリフォームの現場で仕事をしています。 このサイトでは、現場での経験を元に新築・リフォームに役立つ情報をお届けしていく予定です。